使っていない不動産売りませんか?

必要のない不動産をお持ちなら早めに売りましょう。どのような手順で不動産売却を行えばいいのか? - 購入希望者とどのような交渉をするのか

購入希望者とどのような交渉をするのか

不動産売却で購入希望者が見つかったのであれば、交渉の方を行うことになります。もちろん、その際には不動産会社にも仲介をしてもらいますが、最終的には双方が納得した上で売買契約を結ぶことになります。では、購入希望者と一体どのような交渉をするのでしょうか?

もちろん1番は金額の交渉

購入希望者との交渉でメインとなるのは、やはり金額に関することです。買う側からすれば、少しでも安く購入したいわけですから、値引き交渉の方を行ってくるのです。ただ、安易にそれに応じてしまうと、希望価格より大幅に安い金額で売ることになりかねないので、簡単に引き下がってはいけません。
ただ、徹底的に値引き交渉に応じないのも、それはそれで時間だけがどんどん過ぎていき、不動産の価値が下がることになるので、ある程度の妥協も必要だと言えます。

不動産会社のアドバイスを全て受け入れない

購入希望者との交渉では、その都度不動産会社からアドバイスをしてもらったり、情報提供などのサポートをしてもらうことになります。もちろん、それらは大いに活用すべきではありますが、それら全てを受け入れないことも重要だと言えます。
やはり、どうしても譲れない部分や、条件面で納得できないこともあるでしょう。それらを簡単に妥協してしまうと、売ってから後悔してしまう可能性もあるので、アドバイスを活用しつつも自分自身で判断をしていくようにしましょう。

双方とも100%の状態で契約するのは困難

不動産売買では、売却する方も購入する方も、双方とも100%の状態で契約を結ぶのは困難だと言えます。どうしても譲らないといけない条件や、妥協しなければいけない部分もあるでしょうから、そういった割り切った考えを持つことも大切なのです。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »