使っていない不動産売りませんか?

必要のない不動産をお持ちなら早めに売りましょう。どのような手順で不動産売却を行えばいいのか? - 不動産売却の仲介をしてもらう

不動産売却の仲介をしてもらう

不動産売却を本格的に行う際には、不動産会社に仲介をしてもらうことになります。査定をしてもらい納得することができれば、仲介契約を結んで販売活動を行ってもらい、購入希望者との交渉サポートをしてもらうのです。

そもそもなぜ仲介が必要なのか

不動産売却では、もちろん不動産会社の仲介が絶対必須というわけではありません。法律や税金に非常に詳しい人なら、業者を介さず交渉を行い売買契約を結ぶことも可能かもしれません。しかし、ほとんどの人はそこまでの知識はないでしょうし、少しでも瑕疵や問題点があれば、後々大きなトラブルになりかねないのです。
だからこそ、プロである不動産会社に仲介を依頼して、しっかりと売却の手助けをしてもらうのが望ましいのです。査定の段階から最後の引渡しまで、全面的にサポートしてくれるのです。

事前に契約内容をしっかり確認する

仲介契約を結ぶにあたって、事前に契約内容をしっかりと確認するようにしましょう。特に、仲介手数料に関するトラブルは多いですし、サポート内容や契約期間なども必ずチェックしなければなりません。もちろん、疑問に思うことや質問などがあれば、契約を結ぶ前にどんどん聞いてみるといいでしょう。

希望や条件を明確に伝えておく

仲介契約を結ぶ時には、不動産売却での希望や条件を明確に伝えておくようにしましょう。不動産会社はそれを元に販売活動を行うことになるので、後になって伝え忘れたことがあっても手遅れになるかもしれないのです。もちろん、全ての希望や条件が受け入れられるとは限らないので、そのあたりは担当者と相談をした上で決めることになります。

あくまで仲介であることを忘れない

不動産会社からの仲介サポートはとても大事なことではありますが、あくまでも最終的な決定は当事者同士で行うわけですし、そこは忘れないようにしましょう。

関連する記事