使っていない不動産売りませんか?

必要のない不動産をお持ちなら早めに売りましょう。どのような手順で不動産売却を行えばいいのか? - どうやって不動産の相場を知ればいいのか

どうやって不動産の相場を知ればいいのか

不動産の売却を検討するなら、まずは相場を知ることから始めないといけません。もちろん、あくまで相場は相場ですし、実際の価格は専門家とも相談しながらじっくりと決めることになりますが、それでもおおよその価値を知っておくことは大事なのです。

まずは公的機関が評価している価格をチェックする

まず最初に、都道府県や国土交通省などの公的機関が評価している価格をチェックするようにしましょう。地価、価格指数、情報システムなどから概算価格の方を発表しているので、参考にしてみるといいでしょう。もちろん、これはあくまでも評価額であり、取引された価格ではないので注意しましょう。

査定マニュアルを参考にする

不動産流通推進センターが発行している、いわゆる価格査定マニュアルを参考にすることで、大まかな査定の仕組みを理解することができます。そこから、どれほどの価格になりそうなのか、大まかに予測することができるため、実際に不動産会社に依頼する際に役立つわけです。

周辺地域の取引動向を調べる

周辺地域の不動産が、どれぐらいの価格で取引されているのか、またどういった形で変動しているのか、そういった取引動向も調べておくようにしましょう。やはり、地域によって相場情報もそれぞれ違ってくるわけですから、知っておいて損はないわけです。

どうして相場を知る必要があるのか

そもそも、なぜ不動産売却では相場を知ることが必要なのでしょうか。確かに、本格的な査定は不動産会社に依頼をするわけですが、あくまで最終的な価格決定は自身で行うわけですから、そのためにも相場は知っておかないといけないのです。買い主の希望や交渉を一方的に受け入れてしまい、相場より遥かに安い価格で売ってしまわないためにも、最低限の知識は身につけないといけないわけです。

関連する記事